×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

丘クラ最高

2020年二度目のイベント出店は、毎年開催の「丘のクラフト展」でした

 
松江を中心に活動されている、手作りの作家産たちによる、クラフトの祭典で、今年で7回目となる様です
 
年々出店者の皆様によくしてもらって、楽しく過ごさせていただいております、感謝。燕のブースは館内へ移動し、空間を珈琲の香りで満たせていた様で、お客様から多くのお声かけをいただきました
 
近くに木工作家の濱田さんのブースがあり、合間をみては話を聞いて大変に仲良くしていただきました。少し大きめのぐい呑みの器が気になり、話をきて見ると、「ぐいーーーーっと呑める様に」と、なるほどお酒がお好きなことに納得。うんうん、私もそうなんですよ!と。ぐいーー呑み碗をお持ち帰りいたした次第です
 
時節柄万全の対策の中行われ、過去最多の来場者があったと聞いております、来年も変わらず開催されることを願っております
 

 
 

2020-10-06 08:08:47

コメント(0)

秋は「丘クラ」

松江にも多くのご縁をいただいておりまして、その中でも毎年開催のこちらの展示会は、出店に伺うというよりは、お客様としての目線、気持ちの方が上回ってしまい、ついついワクワクしてしまうのは事実。今年は特別な事情があるにもかかわらず、開催していただくのは大変嬉しいです。主催やスタッフの皆様には感謝しかありません。その気持ちに応えれるように今年も精一杯の準備をしてまいります!
 
 
さて、そんな最高なイベントの動画がアップされていたので、こちらにもリンクをはらしていただきますね
https://www.facebook.com/watch/?v=789498348477373
 
 
拝読ありがとうございました
 

2020-10-02 09:42:42

コメント(0)

クラウドファンディング応援のお知らせ

ご縁を頂戴し、燕珈琲も応援しております
 
」タイトルの通り、鳥取県倉吉市にて、個人ボランティアのみで保護猫活動をしておられる、団体の活動を微力ながら応援させていただいております
 
この社会問題と向き合う人のクラウドファンディングの返礼品の一部を担当させてもらっています
 
 
活動に関する思いや、経緯などはリンク先で確認できますので、ぜひ!

リンクはこちら
 
個人的な思いとしては「TNR、地域猫活動」にとても共感しており、猫がありのままでいられる地域への活動は、動物の一種である人間もありのままで生きられる、豊かな社会になるのではないかと思っております。怪我をして弱っていた猫を保護し、一緒に生活していたこともあります。生活の一部に猫がいることでストレスなどへの良い影響が出ることも研究などでわかってます。近隣にのびのび暮らす猫の姿を想像するだけで、和むのは私だけではないはずです
 
 

2020-09-26 09:23:24

コメント(0)

クラフトチョコワークス潜入会の模様

先日、初の試みとなる「クラフトチョコワークス潜入会」を開催いたしました。
 
何をするのかと申しますと、カカオニブからダイレクトにチョコレートを作る体験会です
 
こちらにその模様を動画にしておりますので、のぞいて見てくださいませ
 
https://youtu.be/qgrX0V_EIoY

 
4種のニブと、4種の砂糖を使いまして、組み合わせは自由に思い思いのクラフトチョコを作りました、最後は皆さんの作品を試食し、驚きと発見がある一日となりました
 
 

2020-09-26 06:48:22

コメント(0)

こんなに反響があるとは

先日発表しました、coffee tote bagには多くの反響を頂きまして感謝しかありません。お買い上げいただきありがとうございました。惜しくも手に入らなかった方のために次の作品の制作を依頼しておりますので、しばらくお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。
 
さて、あのバッグの制作に至った経緯などを少しお伝えさせていただきます。学生バイトさんを頼んでおりまして、相談をしながら作業に当たっているんですけども、その中で「麻袋でなんか出来ないかなぁ?」と投げかけたところ、「母に聞いてみます」と。翌日にはアイデアのイメージ写真なども見せてもらって、いいじゃん!となり。その日のうちに依頼をしました。すると、翌週には出来上がってまして、じゃあ早速webに出品してみましょうか。となった次第です。思いたってから作品ができるまでの早いことと言ったら。秒でしたw。売れたのも秒でしたがw
 
一番は、麻袋の状態や産国によってはデザインが同じものができないところ、それがこの作品の魅力ですよね。
 
Coffee Tote Bag 一点もの トートバッグ大
Coffee Tote Bag 一点もの トートバッグ小

次回は会員様には先行発売としてみようかな。
 
 

2020-09-09 13:11:05

コメント(0)

新たな試みとして

新たな試みとして、商品として「体験」を提供しています
 
そこに至った経緯などを少しだけお話させていただきますね
 
今年7月の末26日に焙煎工房を引越しいたしました、店舗ではないので大々的に「オープン」などとはうたっていませんけども、こそっと焙煎機を移動させておりまして、それに伴い作業なども新たな場所にて行っている次第でございます
 
 

その新工房では、珈琲の焙煎はもちろんのこと、カカオニブの焙煎から成形に至るまでの製造所の機能も備えているわけです。いわゆる「クラフトチョコワークス」と言えばかっこいいです。beantobar製法によりますチョコレートの菓子製造の許可もいただいております。この製法でのチョコ作りは全国的にもまだまだ珍しく、近隣ですと、島根に一店、広島にも一店、関西圏にでも数店なんです。そんな珍しい製法で創るチョコが一風変わってて記憶に残るんです
 
私も初めて初めて試作をしたときの感動は未だに消えてませんし、衝撃を受けました。チョコの概念が吹き飛びました。
例えば、同じチャーハンでも、火力が違うだけで全く別のもの、であったり、同じお味噌汁でも出汁を変えたら全く別の味になったり、白米にしても炊き方や水を変えるだけで、味に大きく変化を感じれたり。少なからず皆さんも経験はあるかと思います。
 
bean to bar で創るチョコレートはいつものあの味ではなくなっていたが衝撃でしたね
 
そんな体験を皆さんにもお伝えしたくて、今回の体験会に至りました。「チョコ」についても新たな発見があれば幸いです
 
 
拝読ありがとうございました
 
一応リンク貼っておきますね
チョコワークス潜入会 人数制限有り(上限4名)
 

2020-09-03 14:38:47

コメント(0)

とっとりのいいものが集ったこちらのサイトにも

他サイトの紹介をするとはいったいどう言う神経なんでしょう〜
さて、今回紹介の「とっとり市」様にも燕の商品を少しだけ登録いただいております
 
 

https://tottori-ichi.jp/tenpo.php?id=746
 
鳥取の名産品である、米、なし、蟹、魚やらっきょう、しゃんしゃん祭りのグッズなどが通販で楽しめるサイトとなっております。なぜ今回こちらでも紹介させていただくのか?と申しますと。かなりお得なキャンペーンをされているんです。送料が無料であったりとか、会員様へは割引があったりと。詳しくはリンク先へ飛んでみてくださいませ。
 
では、暑い最中ご自愛くださいませ
 

2020-08-28 12:37:14

コメント(0)

世の中はつながっているから

そもそも、なんでコーヒー屋?
 
 
簡単です、面白いからです。
 
 
たった一杯の飲み物であるのに、それを介して様々な人々と繋がり、今でも少しずつ広がりながら、つながっていくのが面白いから
 
 
世界を想像したときにも、そんな繋がりを感じれたから
 
 
だから、選定する豆も以前とは趣向が変わってきてます。先の時代や次の世代まで持続可能かどうか?
 
 
見えないからこそ、想像する、慮る、そこに暮らす人たちも豊かになるのか?
 
 

2020-08-16 16:41:28

コメント(0)

クラフトチョコのPR文を書いてはみたものの、、

店頭のPOP用にとクラフトチョコへの、想いをしたためてみたものの長いと、ダメ出しを頂戴したので、ブログで思いっきり発散wしておきます。
 
 
 
______________________________
私達が提案するのは体験です
 

新しい味覚との出会いという体験
 

さて、皆さんが思い描くチョコレートとは、どうでしょうか?
まったりとした舌触りや甘さ
そして手軽さも、いつもの味、知っている味
 

ここにある「bean to bar craft chocolate」は
 

それらとは真逆にある別の物と言っても語弊はございません
 

それはなぜか?
 

「bean to bar」の意味、直訳していただくと「豆から板」
 

ご存知かもしれませんがチョコレートの原料はカカオニブ、
木に実る、果実なんです、カカオニブはその果実の種なんです
大きさはアーモンド程度
 

ここにある「bean to bar craft chocolate」は
そのアーモンドくらいの大きさのカカオニブと、砂糖だけでつくっております
 

原材料は2つだけ
 

なので「豆から板」のチョコレートなんです
 

そこの一枚には50gのカカオニブ。約60粒、それらを手でひとつずつ剥きすり潰し
型に流し、整形し、梱包。ここまでの工程のほとんどが「人」の手によるてつくり
 

「craft」
 

目を閉じて、少し想像してみてください。みかん、桃、りんご、いちご、レモン、ぶどう、いちじく、ぐみ、梨、梅、ベリー、野苺、などの果実を。それらを口に含んだときの味を
 

程よい酸味を感じるはずです
______________________________
 
 
 

 
 
朗読してみたらいい感じだったのになぁ、、
文字を読まなくはなってきているから、しょうがないかもしれませんけども、これだけは伝えたいから、読んで欲しいです
 
 
ありがとうございました

 

2020-08-13 10:29:35

コメント(0)

生配信「外でコーヒー」の日でした

こんばんは、Facebookのページ「Roasters of Tottori」略してR.O.T.の生配信の日でございまして、梅雨明けした鳥取の海岸線の元、外で珈琲を楽しんで参りましたよ
 
 
会場は賀露海水浴場のテーブルやベンチが置いてあるそこでした。
 
 

 
 
水平線付近は雲で綺麗な夕陽とはなりませんでしたけども、水辺の涼しい風の元、お湯を沸かすところからスタートした、コーヒータイムはいいもんでした。
 
次回配信のテーマなんかも募集しておりますよ

2020-07-30 21:30:58

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5