×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  オーナーブログ

オーナーブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

清水の舞台から飛び降りる一歩手前でございました

と、言いますのも。

年内に結婚式を挙げられる知人がいまして、ありがたいことにそこへ招待をいただきました。せっかくなので和装で参列しようと決め、蔵を掘り返してみたり、近所の和装のお店に出向いたりしており、想像よりもハードルが高そうと思っていたところです


実を言いますと、本日午前中のうちに先日お話をして、良い感じに見立てて?もらった和装のセットを注文しようと心に決めており、なんやかんやで午前中を過ぎ、バタバタの店舗営業後にでも改めて電話を!と決めていたのです


が、午後になり何やら和装姿の素敵なお姉様方が来店くださり、話を伺うと普段からお出かけの際は和装で、艶やか、しかも割とお値段も手頃とか(ここが重要)そんなこんなでわいわい話が進むうちに、見立てていただけることに!サクッと採寸もしていただき、とても初めてお会いしたとは思えないほどに打ち解けまして、しまいにはハイタッチw


前々から和装は氣になっていましたし、昨年夏には浴衣月間なるものでちびちびと楽しんでいましたが、もしかしたら今年は和装姿が多く見られる燕珈琲になるかもしれません


最後に本日お越しのお姉様方は、鳥取市内で着付けなどもなさっておられますし、和装に詳しい様子なので、お気軽にお問い合わせも大歓迎いたします

2024-02-24 20:17:49

コメント(0)

珈琲愛好家へメッセージ

この話題は何度も提供しているはずです。何度も繰り返しお伝えするのが役目のように感じていますので、再度

 

結論から申し上げますと「珈琲は果実」

 

果実には必ず酸味があります。なので、珈琲にも酸味があって当然

 

というのはこちらの押し付けになりますね。

 

わかりやすく言うとそう言うことになります。

 

多くの方が持っておられるかもしれない「酸味が苦手」と言う意識、これの多くは珈琲は苦いものと言う一種の刷り込みかもしれませんし、良質の酸味に出会っていないかもしれません。どちらにせよ、酸味は悪ではないと言うこと

 

そう言う広い心を持ってコーヒーを楽しんでいただけると嬉しく思うのです。嗜好品だからこそ、固定概念を取っ払っていろんな楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

2024-02-19 09:26:45

コメント(0)

言語を身につけておくべき

珈琲屋として、また宿としてもお店を稼働させていますと、海外の方との交流の機会が時々あります。その時に思うのは言語が使えるかどうか?特に英語。簡単でもいいので日常会話程度ができると豊かな交流が生まれるな、と思います


最近ですとタイにいった時にもそうですし、数年前に日本をでて台湾や香港にいった時も感じたことです。少し時間が経つと忘れるのはよくないのですが、その思いをまた思い出した次第です


アプリの翻訳機能を使えば問題はないかもしれませんが、いちいちアプリを開きやりとりをやっていては、時間もロスします。その数秒にとても距離を感じてしまうのはわたしだけではないはずです。アプリを介さずにわからんままでも、適当なブロークンイングリッシュでやりとりしたほうが距離が近くに感じるのは不思議ですね

先日も香港のメディア様御一行が来られ、そんなことを思った次第です


その中の一人と香港の珈琲事情について情報を交換することができたのは非常に有意義な一時でしたね


香港は家賃が高いから、一杯の珈琲も豆の値段もとても高いと。日本、ことこの田舎の用瀬なんかは家賃も高くないのでそこが違うのではないか?というような会話ができたのは少しだけですが進歩した部分です。とはいえまだまだ話したいことが頭に浮かんでくるも、その単語が出てこない場面の方が多いため、少しずつ英語を勉強しようと思います。こんな時便利なのがYouTubeですねw

2024-02-16 08:10:06

コメント(0)

バンコクコーヒーフェスの様子

先日のタイ@バンコクコーヒーフェスの様子を動画にまとめてますのでよろしければご覧ください。会場では生バンドの演奏が素晴らしく、動画途中の音楽はその音です、最高でした


https://youtu.be/PkE5nN7JOr8


では今日も良い1日をお過ごしください

2024-02-12 08:19:29

コメント(0)

無事タイから戻りました

ジャパンコーヒーフェス@バンコクから無事戻りまして、色々片付けが終わったところです


気温の差が激しく、到着してから夏バテとか大丈夫かな?と心配をよそに、現地にいる間は特に問題なく過ごせました。ただ、旅の疲れやら寒暖差のおかげかで、帰宅後の就寝時の寝汗がひどかったのと、普段よりもよく寝れました


ま、そんなことはさておき現地の珈琲業界の盛り上がりはすごいもので、都市部では展示会なども数回行われているようで、タイのコーヒー屋さんの熱気もものすごいものがありました。数店舗の珈琲を飲ませてもらいましたよ、美味しいものや丁寧にされている一杯が多く、日本とさほど変わらない印象を受けました。ただ、これは日本の味に舌がなれているせいもあるでしょうが、日本チームのものが個人的には好みでした

器具や抽出方法にもこだわったお店ばかりで、日本ではあまり見かけない手動のエスプレッソマシーンやマキネッタを使ったアメリカーノがあったりしたのは印象的でしたね
 

燕で預かった豆は特徴の出しにくい豆だったので、正直いうと焙煎は困りました、、柔らかいし、粒が小さいし、ほんとに良くも悪くもバランスしかないような豆なので、特徴はなに?と聞かれた時に返事に困るほど。しかし、ふんわり焼いた豆は日本チームにもバンコクの皆様にも好評いただき喜ばしく思います。少しだけその豆を預かっておりますので、しばらくはこちらでも楽しんでいただけますので、お気軽にお声かけくださいませ。旅のお土産話とともに

2024-02-07 20:49:14

コメント(0)

とっとりコーヒーフェスは3/16.17に開催@吉岡温泉

以前からやってみたいなぁと思っていた地域に密着したイベントがありまして、なんだかんだ構想から2年ほど経ってしまいました。この度強力な助っ人も見つかり意気投合し、始動しているところです

すでにSNSでは告知もはじめておりご存じの方もいらっしゃるかとも思います
「とっとりコーヒーフェスティバル@吉岡温泉」


想いとして、以前は全国でも上位に食い込んでいた珈琲消費量が今ではかなり下がっていたり、これだけ焙煎珈琲屋が多いにもかかわらず、そこまで認知が高くなかったり、ジャパンコーヒーフェス(内容が濃ゆい)が折角鳥取でも開催されているのに、うわべだけで楽しんだり。と、一言でいえば文化度の底上げと、お客さまの回遊がなんとかできないものか?と思ったのがきっかけですね


まだ始まっていないのに今後のことを言うのも早がってんかもしれませんが、目論みとしては一年に一回開催で、その都度地区を変え、今回は東部で、来年は中部または西部のどこかで。と場所と参加するお店も少しずつ変化を加えながら、コーヒーの楽しさを普及できればと思っております


前売り券も受付を進めてますので、お気軽にお問合せいただければと思います

2024-02-01 09:55:06

コメント(0)

タイのコーヒーフェスへ参加してきます

この度初めて日本を飛び出してコーヒーを提供する機会に恵まれました
Japan Coffee Festival 2024 in Bangkok

タイ、バンコクのサイアム博物館で開催されるコーヒーフェスです。いかにリンクはっておきますのでよければどうぞ

https://www.japancoffeefestival.com/bangkok2024



以前から鳥取をはじめ、日本の各地でコーヒーの飲み比べをしているフェスなんですが、何かの偶然が重なって今回はタイで開催が決まっていた様です。素晴らしい。燕も以前から繋がりがあり、年に数回参加させていただいている楽しいイベントです。ありがたいことにお誘いを受けまして、2月は寒いしあったかいところへ行ってみるのもいいなあと思い、割と軽めの気持ちで引き受けましたw


さてさて、実はアジア各地でもコーヒー豆の栽培は盛んに行われておりまして、タイでももちろん良質の豆があります。タイのフェスに参加にあたり、「メイチェディマイ、ジェーンセレクト」ウォッシュドをセレクトいただきました。粒が少し小さめで緑色もそこまで深くなかったものですから、深煎りは向いていないと判断し、浅煎りで仕上げて、軽やかなフレーヴァーと後味すっきりなカップにしたつもりです

果たして、タイの人の評価はいかがなものか今から楽しみです!

では、初の海外でのフェス、存分に楽しんで参ります!

2024-02-01 09:36:23

コメント(0)

お金の流れを追え

珈琲業界で有名なスター◯ッ◯◯は実は◯◯サントと繋がりが


 

以前投資をしていた頃はなんとも思わず株主として、優待やら暇があれば利用していたスタ◯。昨今の情勢があり色々情報を得ていると行き着く先はモン◯◯◯社とか。そんなことを知る前に売却していてよかったですし、お陰様で美味しい思いもさせていただいた事実もふまえ今回の話題


 

数年前鳥取で47都道府県最後の砦として、話題にもなったりして有名な一大業界です


 

これ悪口ではなくて事実なので、薄着な人にはちと寒いお話しでしょうが


 

広告も使わずに広める戦略や、ブランド構築やらを綴った本も数冊読んで学んだことも多くあります。とても勉強になりました、感心しかありません


 

一方、◯◯◯◯トに関しては有名なのは枯葉剤とかの農薬の他、種を自由にできないような仕組みを牛耳っている様で。オシャレだったりなんとなくイカしたイメージの珈琲屋に行って落としたお金がそんな会社に流れていくとかってどうなんでしょうねー?


 

世界では不買運動も高まったりしている中、薄着な日本、特に田舎の鳥取はまだまだ寒い日々が続くのでしょうか?



さてここからは追記。世界の情勢を見る時に、お金の流れを追え。と言われます。それだけでいろんなことが見えてくる社会なんです。なので、燕で扱うコーヒー豆はなるべくそんなものを多く取り入れたいと思っており、少しずつ始めているところです。以前はカエルのマークがナンとも良い印象しかなかったのですが、ゲ◯ツさんとことつながっているとかいないとかで、カエルマークから卒業しました。良かれと思ったことが実はそうでなかったりすることが多い日本の社会。そんなことを思うアタオカなのです

2024-01-31 15:33:21

コメント(0)

エンタメに隠されたキーワード

最近になってから知ったのですけども、ヒップホップアーティストは色々調べてらっしゃいますね。まさにリスペクト!!


 

新鋭なのかな?ここ数年に知った一人で「Awich」にハマってしばらく一曲だけをヘヴィローテしてまして、最近の状況をぐっとまとめて、曲にしたためておられまして、兄弟やら子供にも教えてましたw

 

おそらくそこまで響かんだろうと思っていたところ、なんと一番聴きそうにない妹が聞いており、しかもライブに行くまでの効果があったとは!!おもろい。鎮座ドープネスが聴きたかったからとからしいが、それでもおそらくライブでも披露したであろうあの曲を生で聴けたのは何かのきっかけになっていることを願う。そのきっかけの曲がこちら


 

https://youtu.be/zd4ONUviSQY?si=XENTGJ72HmtgKuPQ


 

かなり本質を見抜いている曲でして、歴史を知っているからこその歌詞。それをエンタメに落とし込んでいるあたりは、アニメにも通ずる部分は多いですね。映画とかは刷り込んでそっちの方向へ持っていく場合もありそうなので、エンタメなのか、洗○なのかはご判断を。


 


 

さて、ヒップホップネタでもう一つ付け加えますとジブラさんも良く聞いていた頃がありまして、オールドスタイルで活動しているキングギドラというトリオがありまして、歌詞を読みながら聞いてみると、エンタメと社会風刺が絶妙と感じざるをえません。ま、人それぞれ捉え方はあるのでご興味ある方は検索をおすすめします


 

ま、まだまだ知らない表現者が多いでしょうけど、また発掘できれば勝手にお知らせするとします

2024-01-31 15:20:39

コメント(0)

海峡封鎖はやめてほしいよねぇ

ホルムズ海峡封鎖?というパワーワードが氣になって少し調べてみたところ、以前にあったオイルショックと似た風景が見えてきました

 

西側と東側の両方の目線から解説している動画があったので貼っておきます

 

2024.1.22【速報イスラエル最新情勢】フーシ派がバブ・エル・マンデブ海峡, ホルムズ海峡, スエズ運河を閉鎖する pic.twitter.com/sUuTzSpqVw

— 及川幸久【X NEWS】Youtube永久バンにつきXで毎日発信中! (@oikawa_yukihisa) 2024年1月22日

 

 

この及川さんはどうやらユーチューブアカウントを失っておられる様なので、かなり本質に近づいておられるのでしょうか

 

 

さて、TVなどではほとんど報じてないと思われる封鎖?のニュースは、広告の仕組みとお金の流れから言っても報じられないのでしょう

 

備蓄をしろ、というのもよく見かけるワードで具体的に何をするのか考えて最近は少しずつ始めているところです。できればオフグリッド生活へふっていきたいのでソーラーパネルを少しずつ導入してみたり、山から薪を切り出してきたり、湧水を汲みに行ってみたり、と生活を石油からなるべく切り離す方向で動いているところです

 

危機感を持つのって急にはできないので、情報をきちんととりつつ世界の流れが読めてくると、ある程度準備ができ生活をもしやすくなるのでは?と思っています


もちろんこの影響は全世界に広がるものと言えるので、珈琲業界にとっても価格の高騰とか、仕入れがしにくくなることも十分にあり得ることです。まずは生活が大事ですので、嗜好品は控えられる日もそう遠くないのではないかと思っています

2024-01-27 06:24:30

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5