×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  豆の紹介»  エルサルバドル サンタリタ農園 ブルボン

エルサルバドル サンタリタ農園 ブルボン

エルサルバドル サンタリタ農園 ブルボン

そもそも、どこの国????って方多いと思います。中南米はメキシコの南、グアテマラの南、近隣にベリーズ、ニカラグア、キューバなどの近くといえば伝わるでしょうか。
 
 
コーヒーというよりは、ギャングのイメージでしょうかw
しょうがないけどネット検索してみると、なかなかの犯罪率であったり、世界一治安が悪い、とかイメージはよくないですもんね。そんな国でもコーヒーに熱い情熱を注ぐ方もおられるんですよ。
 
 
でも逆にそんな世界一治安の悪い国からのコーヒーって、豆の中に変なもん入ってんじゃないの?とか思われるかもしれませんね、、ですが
安心してください!きっちりと異物が混入してないかチェックしてから焙煎してますから(全ての豆)。石とかの混入もほとんどなく、少し虫食いがある程度で治安の良し悪しは、豆の良し悪しとは関係ないようです。当たり前か
 
 
ブルボン種と言われる、割と一般的な種類の豆からできるコーヒーですので、国の名前のイメージよりは普通の珈琲なんです。取扱の豆ですと、ブルンジ、ブラジルも同じくブルボン種の珈琲ですね
 
精製のプロセスがナチュラルってのは他国の豆と違う点ですね。洗ってない分フローラルな香りが好印象です
 
国や精製法が変われば、その土地のもつ栄養分も違ってきますから、当然同じブルボン種であっても、同じにはならないですし、焙煎度合いによっても違いが出ますから、不思議なものです
 
 
浅く煎っても、深く煎っても答えてくれる頼もしいブルボン種、おすすめです!
 
 
 

2021-01-21 16:06:12

豆の紹介   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント