×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  豆の紹介»  カカオパウダーとココアパウダーの違い

カカオパウダーとココアパウダーの違い

カカオパウダーとココアパウダーの違い

カカオパウダーとココアパウダーの違いご存知ですか?
 
 
一時期ダイエットに効果があるとか、健康的な効果があるとか聞いたことございませんか?
 
それってどちらのパウダーかご存知ですか?
 
 
正解は「カカオパウダー」なのです
 
 
ココアとカカオ(以後パウダー部はp)の違いは加熱処理してるかないか!


例えるなら、蜂蜜です
蜂蜜に含まれるボツリヌス菌の食中毒、特に乳児によく現れるようですが、このボツリヌス菌を死滅させるために加熱処理して殺菌させるものと、処理しないものと大きく2種あるようです
 
 
これと同じように、ココアpはカカオニブに加熱処理して、粉砕して、油分と粉分に分離させたものをココアpとよばれるみたい。一方カカオpは生のニブをそのまま粉砕したものをいうみたいです。ただ、ここで問題なのは、生の状態からチョコになるのか問題なのですが、、今の時点では不明であり、生のカカオニブをかじってみても香ばしさとか、チョコレートらしさは何も感じないです
 

ココアpとカカオpの違いにはおそらくポリフェノールの含有量に差があると思います。以前の記事で紹介していますが、燕のクラフトチョコのポリフェノールの量は数値的に、大手商品と遜色ない同等の値を頂戴していますので、おそらく、非加熱のものに近いチョコなのだろうと思います。当方のニブは焙煎を施しています、しかしながら数値には表れているので胸を張って言えます
 
 
余談でしたが、カカオpは非加熱もしくは非加熱に近い。一方ココアpは加熱処理をして、発酵処理を止めているので、健康面への影響は少ないと思われます

2021-03-04 16:20:11

豆の紹介   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント